スポンサーリンク

相場は持ちこたえているな、、、だがトルコ・リラは…

リタイアしてからというもの頭痛の回数が増えてきました

仕事していた時は仕事場では頭痛を抑えられていましたが

ストレスで頭痛を押さえ込み!毒には毒を・・・

恐らく身体には相当よくない対処方法だったと思います

今日はスーパー週明け+特売日という事もあったので、修羅場が予想されました。

ホントは行きたくないんですけど

もしかすると頭痛が良くなるかもと期待して乗り込みました

頭痛自体は少し改善したんですけど

朝からやっているガラポンに

おじいさん

おばあさん

がズラーっと並んでいて

自分の未来を見ているようで頭が痛くなりました

という朝を過ごして今ブログ書いていますが

相場はダウが持ち直しているので、日本の株式も持ち直していますね

高金利通貨のトルコ・リラはイマイチパッとしないどころか…

更に値下がりしているので、含み損が広がっています…

−400万→ー500万円

為替だけだともっと深い傷跡があるんですけど

スワップポイントで持ち直しています

ふぅ、リラさんも持ち直してもらえると頭痛も治るけどね

南アフリカ・ランドは

私にとっては高値圏に近づいてきたので一旦売却しました

かれこれ1年半は持っていたようです

スワップと為替による利益が確定できたのは良かったです

取り敢えずは、BUY&HOLDの戦略??が上手くいっているので良しとしましょう

しかーし、トルコ・リラさんも為替がもう少し良くならないと、

いくらスワップポイントがあろうとも

厳しい投資環境に今年もなりそうです

金利は抜群なんですけどね

売却した南アフリカ・ランドの資金の半数以上を

トルコ・リラへ再投資しました

さて、どうなるでしょうか??

米ホワイトハウスは11日、トルコを10、11日に訪問したマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)がトルコのエルドアン大統領の側近であるカリン大統領府報道官と会談したと発表した。双方は、両国間の「長期にわたる戦略的パートナーシップ」を確認。続いて予定されるティラーソン米国務長官のトルコ訪問を控え、トルコによるクルド人勢力に対する軍事作戦をめぐり悪化する両国関係の修復を図った。

米、トルコと関係修復模索 高官相次ぎ訪問、IS掃討重ねて要請ー産経新聞抜粋ー

アメリカとの関係がトルコ・リラの再浮上に繋がると思っているし

中東エリアの安定・平和にもトルコは

とても重要だと思っているので

頑張って欲しいですね

PEACE&LOVE、LOVE&PEACEで

人類も幸福

僕も幸福です

頭痛も治るよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. たたとあ より:

    こんにちは!
    ドル円が108円切っちゃいましたね。
    つられてリラも。。
    私も幸せになるので、せめて40円まで戻ってね!
    って、欲張りすぎ!

  2. KenKen より:

    こんにちは!
    為替にじんわり影響が出てきていますね
    リラは一体どこに行くのか??
    40円まで戻るとか、それあったらもう投資やめようw
    欲張らないので、30円で良いですよ〜リラさん