起業そして失敗 (3/3)

起業そして失敗 (1/3)

起業そして失敗 (2/3)

と続いてきました

今回は1の続きですね、起業資金7000万円を借りてからです

最終回となります

本文ここから

さて、資金が手に入ってから事業を実際に実行に移すプロセスに入りました

オーナーが所有している土地に新たな施設を建設します

7000万円はその土地を購入する資金です

プロセスは

  1. 土地を購入
  2. 土地を担保に再度融資(3億円)を受ける
  3. 施設建設

となっていました

実際にオーナー、司法書士、私、銀行のメンツで

新規売買の行われる土地及び今後の方針について話し合い

当然納得した上で文書の作成が行われました

契約書に定められている期日

その期日前に私はサインをしており

契約書は司法書士を通してオーナーに渡る手はずです

午前中に7000万円をオーナーに振込みました でかいな〜

当日も仕事してましたので、夕方は職員面談でした

オーナーからは当日朝から今日は私は休みますとの連絡

後ろから刺されました・・・

面談している最中に緊急事態発生の一報が

午後6時頃だったでしょうか、オーナーから一通のメールが

自分(オーナー)のサインがない契約書は無効である・・・と

私が振り込んだ7000万円はオーナーから振込み返されているとの報告も

オーナーが今日休んだのは、銀行に行って手続きをする為でした

寝耳に水です!奇襲とはこの様な事をいうのでしょう

完全に不意をつかれました。まさか、背中から銃弾が飛んでくるとは・・・

カッコよく「想定内でした」と言いたいところですが、

完全に想定外というか斜め上でした

一体何が起きたのか一瞬事態を把握できませんでした

しかし、悪いことが起きて、しかもとても悪い事はわかりました

オーナーに連絡を取りたくても、その日はとうとう取れません

わかったのは、私達が今回計画しているビジネスモデルが崩れ去ったという事だけでした

後日になりますが色々と事実を確かめる為にオーナーとも話しました

オーナーは計画の見通しが甘いとか、何やらかんやら 一同で決めたのにね

とりあえず、今回の計画は中止にするとの事でした

しかしながら、わかった事もあります

今回の計画が進んでいく中で

オーナーは自分から色々な物が消えていっている感じがしていたみたいです

その時は納得の上で権限の移譲を進めていたものの

移譲を進めるという事は

今まで会社のお金でしていた種々の贅沢が出来なくなる事も意味しています

視察という名の下での豪華旅行やグレーな交際費

会社の所有である数々の高級車の完全な私的利用

オーナーは会社の車を全く働いていない別の親族に貸したりしていました

こういうものが徐々に出来なくなっていたのです

ただ、当然オーナーには会社からは変わらず給与は払われています

計画が中止に追い込まれたのは

実際はそういう事を手放す事が出来なかったのだと私は理解しています

後からオーナーの奥様からお話を聞きましたが

少し前に東京の湾岸にマンションの1室を買って返済が多額だったと

私が台頭する事によって、

更に経済的な圧迫を受けることを大きく危惧していたようです

また影響力についても心配していた模様でした

一度近くで若手職員を集めて食事会をした際に、事前に私は今回参加しなくて良いと言われました

その理由は私がいると自分(オーナー)がかすむからだと言われました

その時は真意を掴み損ねていましたが

その時点からは少なくとも溝が出来ていたと考えられます

気づきませんでしたが、敵認定されていたと思います

ホントお金って必要だけど、ツマラナイものだと思いました

オーナーは既に充分すぎる退職金(億を随分超えます)

資産を持っているはずなのに・・・

それでも、追い求める。。。

戦う事も出来たかもしれません

しかし、そのオプションは私にはありません

寧ろ自分の不甲斐なさに残念で仕方ありませんでした

というのも、地位や名誉や金銭・・・

元々そういうものに私は辟易して既にセミリタイアしていたのに

一体何たる醜態でしょうか

自分からそういう物を求めに行っていたようなものです

弱い自分にとても腹が立ち、残念で仕方がありませんでした

退職届を提出し、退職しました

私の退職金はありませんでした 辛いの〜

理由は会社に損害を与えた??という事と 懲罰らしいです・・・

私に払うと既にオーナーに払った退職金に税金がかかってくるから・・・

もう呆れて言葉が出てきません

私に残ったのは、

立ち上げたばかりの幽霊会社と借りた7000万円です

銀行から借りた7000万円は違約金を数百万円払って銀行に返済しました

本当に痛い勉強代となりました

そして、そこからの唐突のリタイアライフです

妻も一緒に働いていましたので、同時に退職→フルリタイア!

全く呆気なかったです

幸いセミリタイア生活を既に始めていたのが救いでした

これが、私のドロップアウトの顛末

ステークホルダーの気分を損ねての逃亡劇です

楽しんで頂けましたでしょうか。

何も計画せずのフルリタイアです。

今後どこまで生き残れるか、良ければ見守ってくださいね!

ゴミみたいな話にお付き合いありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. たたとあ より:

    こんにちは!
    そういうなりゆきだったんですね。なるほどぉ~。
    お金って怖いですね。1億あってもまだほしくなるんですもんね。
    私は1憶あれば大満足なんですけどね
    いや、もっとほしくなるのかなぁ~(笑)

  2. KenKen より:

    どうしょうもない話を、読んでもらってありがとうございます!
    お金は魂を吸っちゃうんですよ
    闇が強いというか、闇に落ちやすいんですよね
    私も1億円あればサイコーですけど、億り人ではないのが・・・
    暮らしが続く分だけでいいので、何とかFXで頑張ります